So-net無料ブログ作成

過去問を考えてみよう(1706) [過去問解析]

1706. 救急外来を受診した成人患者で、治療の緊急度が最も高いのはどれか。

1.2時間ほど前から右上下肢に力が入らず、ろれつが回らない。

2.3日前にペットの葬儀が終わり、食欲がなく、夜眠れない。

3.プールでの日焼けによって背部全体が発赤している。

4.市販の風邪薬を通常の2倍量服用した。

                        正解(

[解説]1に記されている症状からは、脳血管障害が強く疑われる。また脳梗塞であれば発症後2時間は、超急性期の治療が望める時期。正解は1。2,3,4はそれ以上の緊急性があるとは思えない。


 次の設問に挑戦してください。

[設問]脳梗塞の超急性期(発症後4.5時間以内)に特化して使われる薬剤はどれか。

イ.アルガトロバン

ロ.オザクレルナトリウム

ハ.組織プラスミノーゲン・アクチベータ(t-PA)

ニ.アスピリン                     正解は次回に!!



  前回の設問の正解は、の「テクノストレス」でした。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。