So-net無料ブログ作成

過去問を考えてみよう(1559) [過去問解析]

1559. 潰瘍性大腸炎によって生じるのはどれか。

1.滲出性下痢

2.分泌性下痢

3.脂肪性下痢

4.浸透圧性下痢

                 正解(1)

[解説]細菌性毒素などで便中の水分が多くなった時の下痢が分泌性下痢で、2は×。脂肪分の多い食物の食べすぎや、脂肪の消化が悪い場合におきるのが脂肪性下痢で、3も×。浸透圧が高いものを食べすぎると起こるのが浸透圧性下痢で、乳糖不耐症、人工甘味料の摂りすぎなどでおきます。で、4も×。正解は1


 次の設問に挑戦してください。

[設問]潰瘍性大腸炎の好発年齢はどれか。

イ.10歳代

ロ.20~30歳代

ハ.40~50歳代

二.60歳以降            正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「視神経」と「動眼神経」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。