So-net無料ブログ作成

過去問を考えてみよう(1250) [過去問解析]

1250.加齢による咀嚼・嚥下障害の特徴で正しいのはどれか。

1.咳嗽反射が低下する。

2.口腔内の残渣物が減る。

3.唾液の粘稠度が低下する。

4.食道入口部の開大が円滑になる。

                  正解(1)

[解説]加齢に伴い、口腔内の残渣物は増え、粘稠度は高くなり、食道入口部の開大は円滑でなくなるので、2,3,4は×。正解は1

[補足]高齢者では、耳下腺から分泌される漿液性の唾液が減少し、そのため唾液のムチン含有量が相対的に増加し、粘稠度が高くなるとされています。


 次の設問に挑戦してください。

[設問]唾液中に含まれ、でんぷんをマルトースに分解するのはどれか。

イ.アミラーゼ

ロ.リパーゼ

ハ.マルターゼ

二.トリプシン         正解は次回に!!


    前回の設問に正解は、の「メラトニン」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。