So-net無料ブログ作成

過去問を考えてみよう(1226) [過去問解析]

1226.放射線療法について正しいのはどれか。


1.Gyは吸収線量を表す。

2.主に非電離放射線を用いる。

3.電子線は生体の深部まで到達する。

4.多門照射によって正常組織への線量が増加する。

                         正解(1)

[解説]放射線療法に使われるのは主に電離放射線、電子線は生体深部までは到達せず、多門照射によって正常組織への線量は減少するので、2,3,4は×。正解は1

[補足]放射線には、アルファ線やベータ線などの粒子放射線と、ガンマ線やX線といった電磁放射線があります。また、放射線を電離をおこす電離放射線とおこさない非電離放射線に分類することもありますが、一般に放射線と言う場合は、電離放射線のことだそうです。


 次の設問に挑戦してください。

[設問]ガンマナイフの適応となるのはどれか。

イ.頭蓋内良性腫瘍

ロ.頭蓋内悪性腫瘍

ハ.脳動静脈奇形

ニ.三叉神経痛(薬物療法による痛みの管理が困難なとき)

ホ.すべて                        正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「LDLコレステロール」でした。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。