So-net無料ブログ作成

過去問を考えてみよう(173) [過去問解析]

173 Aさん(19歳、女性)は、境界性人格(パーソナリティ)障害で入院している。病棟では、安全管理のため、個人用の爪切りをナースステーションで管理している。Aさんが自分の爪切りを使用した後、看護師が返却を求めると「主治医の先生は自分で持っていてもいいって言ったのよ」と攻撃的な口調で抵抗した。この日、主治医は不在であった。 Aさんへの対応として最も適切なのはどれか。 (2013年午後出題)

 1. 「先生はそのようなことは言わないと思います」

 2. 「先生は不在なので、私の指示に従ってください」

 3. 「病棟の安全が守れないので退院していただきます」

 4. 「先生に確認がとれるまで、こちらでお預かりします」             

                                         正解 (4)

[解説] 常識を問う問題ですね。 1は患者の言葉の全面否定なので×。 2は、独断的で×。3は退院を勝手に決める権限はなく、×。 よって、正解は4となります。 

[補足1] 境界性人格障害とは、青年期から成人初期に多いとされるもので、他者との関係がうまく築けず、感情や思考の制御が困難となり、衝動的な自己破壊行為を示すのが特徴です。 

  では、次の設問に答えてください。

[設問] 境界性人格障害の有病率が最も多いのはどの世代か。

イ 10~19歳

ロ 20~29歳

ハ 30~39歳

ニ 40~49歳

                     正解 (


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました