So-net無料ブログ作成

在宅看護論(16 )(在宅における医療管理を必要とする人と看護) [在宅看護論]

5)膀胱留置カテーテル

(1)療養者

膀胱カテーテル.png

(2)合併症の予防

・ 膀胱留置カテーテルの合併症には、主に尿路感染、結石、膀胱括約筋の脆弱化があり、予防のためには感染防止、尿を停滞させないこと、異常の早期発見、カテーテルの早期抜去を図ることが大切です。

・ 細菌感染を防ぐには、「尿道口」 「膀胱留置カテーテルと蓄尿バッグの接続部」 「蓄尿バッグの排液口」 の清潔保持に努めることが重要となります。

・ 蓄尿バッグは必ず膀胱より低い位置に吊るし、上行感染を防ぎます。

・ 尿は時間を決めて毎日捨て、1日の尿量を把握します。

・ 水分制限のない場合には1500mL以上の水分摂取を心がけ、1300mL以上の尿量を維持します。

・ カテーテルを折り曲げないように体位変換や移動、更衣後は確認を行います。

・ 血尿や発熱など感染の徴候、カテーテルの閉塞、抜去、尿漏れなどがある場合、速やかに医師へ報告します。

・ 全身状態が安定している、尿路感染や尿閉塞のリスクが低い、尿失禁による皮膚障害が生じない、排尿に対する自立の意思や意欲が療養者と家族にあるなどの状況が整った場合、膀胱留置カテーテルの早期抜去を検討します。

(3)指導と安全管理

・ 入浴はカテーテルに滅菌キャップをはめて行い、入浴後にキャップを外してカテーテルと導尿管との接続部の両方を消毒し、その後接続して清潔を保持するように説明します。

・ 清潔保持に努める必要がある細菌の侵入経路の処置や操作は、手洗いを十分に行ってから実施するように指導します。

カテーテルの折れ曲がり.png

・ 不適切なカテーテルの固定、尿漏れによる汚染、尿道口や膣口からの分泌物による汚染などのため、皮膚粘膜に異常を生じることがある。予防には毎日の陰部洗浄を行うよう指導します。

・ カテーテルが入ると、行動範囲が縮小することがあるので、カテーテルの仕組みを知ってもらい、通常の生活ではカテーテルが抜けることはないことを理解してもらう。

・ 違和感や疼痛がある場合は、固定の工夫や、外出時の蓄尿バッグを小さいものに変えるなどの工夫をします。

(4)医師との連携

・ 尿の量や、色調、混濁の有無の観察を行い、発熱、カテーテルの閉塞もも含めて、異常が発生した際は、速やかに医師に連絡・報告します。

・ 膀胱留置カテーテルに必要な物品(注射器や注射針、ガーゼなど)の不足が出ないように、早めに医師に依頼します。

・ 感染症の可能性のある分泌物、血液が付着したカテーテル、蓄尿バッグ、デイスポーザブル注射器は、医療廃棄物として処理してもらうように医師に依頼します。

6)在宅経管栄養・経腸栄養法

(1)療養者

・ 在宅経管栄養法は、療養者や家族が経管栄養について理解していることが重要なポイントとなります。

(2)栄養剤の種類と特徴

・ 栄養剤には、天然濃厚流動食、消化態栄養素、半消化態栄養素、成分栄養剤があり、腸管機能により選択する。

(3)栄養評価

・ ヘマトクリット、血清蛋白、血清アルブミンなどの血液データと体重を栄養の主な指標とします。

ちょいやば.png

(4)合併症の予防

・ チューブに関連する合併症に、薬剤や経管栄養剤の残渣によるチューブの閉塞や、不快感による自己抜去と、不十分な固定や咳嗽反射によるチューブ抜去があります。  これらの予防法として、経管栄養終了後速やかに温湯を流すこと、粒子の大きいものを注入しないこと、チューブの挿入方法と固定方法を工夫することなどで、閉塞と抜去を予防します。

経管栄養.png

・ 瘻孔部からの感染を防ぐためには、清潔の保持や必要時の消毒と保護、チューブの位置調整を行います。

・ チューブの適切な管理(交換や洗浄)、注入中や注入後にファウラー位をとらせること、注入の間隔や速度を調整することで、上気道炎や肺炎を予防します。

(5)指導と安全管理

・ 経管栄養剤の温度や量、濃度、必要物品の準備と使用方法、洗浄と保管方法、挿入部の消毒方法について指導や手技の確認を行います。

・ 消化器や呼吸器の感染を予防するために、経管栄養の準備を行う際、手洗いをしっかりと行い、物品の洗浄や交換、口腔内の清潔を保つことを指導します。

・ 症状の観察ポイントを指導し、療養日誌をつけるように薦めます。

・ 毎月1回の定期受診に加え、状態の変化が生じた時や合併症やトラブルが生じた時には、すぐに医師の診察を受けるように指導します。

・ 胃瘻や空腸瘻チューブ設置した状態でもシャワーや入浴は可能であり瘻孔部からの感染の心配はないことを説明しておきます。

(6)医師との連携

・ トラブルが生じたときは医師の診察・指示を受けられるように体制を整えておきます。

・ チューブの種類や交換日、栄養剤の種類や量など指示内容を確認します。

・ 経管栄養法に必要な物品(パック、ボトル、チューブなど)は、不足がでないように早めに医師に依頼します。

・ 体内に留置したカテーテル類は医療廃棄物であり、処理は医師に依頼します。

[設問] 膀胱留置カテーテルの合併症にはどんなものがあるか? 最も起りやすいものを二つ選べ。

イ 尿路感染  ロ 膀胱結石  ハ 水腎症  ニ 糸球体腎炎  ホ 腎盂結石

                             正解 (

[設問] 在宅経管栄養について正しいものを一つ選べ。

イ 栄養チューブの閉塞を防ぐには、経管栄養終了後には温湯を流す、粒子の大きいものは避けるなどがある。

ロ 胃瘻造設者では、感染予防のため、入浴は避ける。

ハ 栄養チューブの抜管の原因は、わからないことが多い。

ニ 栄養評価は血液データのみで行う。

                      正解 (


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました