So-net無料ブログ作成

過去問を考えてみよう(1297) [過去問解析]

次の文を読み1297~1299の問いに答えよ。

 A君(2歳6か月、男児)。両親との3人暮らし。脳性麻痺と診断され、自力で座位の保持と歩行はできず専用の車椅子を使用している。話しかけると相手の目を見て笑顔を見せ、喃語を話す。食事はきざみ食でスプーンを使うことができるが、こぼすことが多く介助が必要である。排泄、清潔および更衣は全介助が必要である。


1297.定期受診のため外来を受診した。バイタルサインは、体温37.5℃、呼吸数32/分、心拍数120/分、血圧108/48㎜Hgであった。両上肢と手関節は屈曲、両下肢は交差伸展し、背を反らしており、全身が緊張している。母親は看護師に「Aは、便は出ない日がありますが大体毎日出ています。時々夜遅くまで眠らない日がありますが日中は機嫌良くしています」と話した。

 母親に指導すべき内容で優先度が高いのはどれか。

1.感染予防

2.筋緊張の緩和

3.排便コントロール

4.呼吸機能の悪化予防

5.睡眠パターンのコントロール

                   正解(2)

[解説]優先すべきは、現在みられる症状に対するものなので、正解は2


 次の設問に挑戦してください。

[設問]脳性まひについて当てはまらないのはどれか。

イ.受精~生後4週までの間に起きた脳損傷による。

ロ.遺伝子異常によるものは含まない。

ハ.進行性である。

二.核黄疸によるものがある。       正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「1~2歳」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1296) [過去問解析]

1296.A君は、手術を受けて1週が経過した。全身状態が安定したため、尿道カテーテルが抜去された。医師から母親に「3日間、経過を観察し、問題がなければ退院できます。退院1か月後に外来を受診してください」と説明があった。退院から外来受診までの日常生活の留意点に関して看護師が母親へ指導することになった。

 指導で適切なのはどれか。

1.「水分は控えましょう」

2.「入浴は避けましょう」

3.「1日1回導尿しましょう」

4.「腹ばいの姿勢は避けましょう」

                      正解(4)

[解説]水分を控える必要はなく、1は×。入浴を避ける必要もなく、2も×。導尿する必要もなく、3も×。正解は4

[補足]腹ばいは手術創を圧迫するため、しばらくは避ける必要があるでしょう。


 次の設問に挑戦してください。

[設問]尿道下裂の手術は、通常は何歳くらいで行われるか。

イ.3~6か月

ロ.1~2歳

ハ.3~4歳

二.5~6歳             正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「3~4cm」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1295) [過去問解析]

1295.A君は1歳3か月になり、尿道形成術を行うために入院した。手術当日、点滴静脈注射による持続点滴と尿道カテーテルが挿入された状態で帰室した。創部の陰茎全体はガーゼとフィルムドレッシング材で保護されていた。手術翌日、ガーゼに茶褐色の血液が付着していた。創部が排便で汚染されており、ガーゼを外すと創部に軽度腫脹がみられているが膿の付着はない。尿道カテーテルの周囲から尿が漏れていた。A君は「ママ」と言い不機嫌に泣いている。体温37.0℃、呼吸数28/分、脈拍120/分、血圧100/58㎜Hgであった。

 この時点のA君の状態として最も可能性が高いのはどれか。

1.創部痛はない。

2.出血が続いている。

3.創部の感染を起こしている。

4.尿道カテーテルが閉塞している。

                      正解(4)

[解説]手術翌日で創部痛があって不思議ではなく、1は×。茶褐色の血液付着なので、新たな出血はなく、2も×。膿の付着はなく、体温も高くなく、3は×。正解は4


 次の設問に挑戦してください。

[設問]男性の尿道の長さは成人の場合、16~20㎝とされるが、成人女性の尿道の長さはどれくらいか。

イ.1~2㎝

ロ.3~4㎝

ハ.5~6㎝

二.7~8㎝    正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「会陰部」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1294) [過去問解析]

次の文を読み1294~1296の問いに答えよ。

 A君(2か月、男児)は、1か月児健康診査で尿道下裂の疑いを指摘され、小児科を受診した。検査の結果、遠位型尿道下裂と診断された。主治医から母親に対し、体重の増加を待ち1歳前後で尿道形成術を行う必要性について説明があった。母親から看護師に対し「手術を受けるまでの間、どう過ごしたらよいですか」と質問があった。

 

1294.看護師の説明で適切なのはどれか。

1.「尿量を計測してください」

2.「手術まで外来の受診はありません」

3.「予防接種の時期は主治医と相談してください」

4.「オムツを交換するたびに尿道口を消毒してください」

                    正解(3)

[解説]尿量の計測の必要はなく、1は×。手術までに再来に来てもらうことになるので、2も×。オムツ交換のたびに消毒の必要はなく、4も×。正解は3

[補足]尿道下裂は亀頭に近い箇所に出口のある遠位型と腹部に近い箇所に出口のある近位型に分類されますが、上部型、中部型、下部型と分類される場合もあります。


 次の設問に挑戦してください。

[設問]尿道下裂の近位型の出口になるのはどれか。

イ.亀頭部

ロ.冠状部

ハ.冠状溝下

二.会陰部            正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「仙骨部」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1293) [過去問解析]

1293.発症から2日目の午後、Aさんの仙骨部に直径2cm程度のステージIの褥瘡が出現した。嘔吐は消失したが下痢が続き、2~5時間ごとにトイレを使用している。

 この時点の褥瘡に対する看護で最も優先されるのはどれか。

1.壊死組織の除去

2.エアマットレスの使用

3.撥水性の高いクリームの塗布

4.亜鉛入りの栄養補助食品の摂取

                    正解(3)

[解説]下痢で仙骨部が濡れるのが原因と思われるので、優先するのは撥水性の高いクリームの塗布と思われ、正解は3


  次の設問に挑戦してください。

[設問]仰臥位時に褥瘡が最も発生しやすいのはどこか。

イ.仙骨部

ロ.踵骨部

ハ.後頭部

二.肩甲骨部        正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「口渇」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1292) [過去問解析]

1292.Aさんは下痢と嘔吐の症状が続き、発症当日の夜から、集中力の低下と頻脈とがみられた。口渇はない。翌朝は症状が軽減したものの、午後になり見当識障害も現れた。

 Aさんに起きている状態として最も考えられるのはどれか。

1.脱水

2.硬膜下血腫

3.認知症の中核症状

4.隔離による拘禁症状

                    正解(1)

[解説]下痢と嘔吐が続いた結果起きている症状なので、正解は1


 次の設問に挑戦してください。

[設問]低張性脱水で、比較的起こりにくいのはどれか。

イ.低血圧

ロ.頭痛

ハ.頻脈

二.口渇         正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「秋から冬にかけて」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1291) [過去問解析]

次の文を読み1291~1293の問いに答えよ。

 Aさん(71歳、女性)は、要介護1で、ベッドからの立ち上がりや入浴などに一部解除を必要とするが、歩行器で室内を移動できる。失禁することがあるため失禁用のパッドを装着している。Aさんは介護老人保健施設の短期入所〈ショートステイ〉を利用している。入所した日の夕方から、水様便と嘔吐とがみられ、感染性胃腸炎が疑われてトイレ付きの個室に移動した。


1291.感染症の拡大を予防する方法で適切なのはどれか。

1.使い捨ての食器に変える。

2.汚物の付着した衣類は焼却処分する。

3.排泄介助を行う看護師はガウンを装着する。

4.Aさんの手指を速乾性擦式の手指消毒薬で消毒する。

5.Aさんが触れた歩行器を80%エタノールで清拭する。

                正解(3)

[解説]食器を使い捨てにする必要はなく、1は×。衣類は焼却する必要はなく、2も×。速乾性擦式消毒薬では効果がなく、4も×。80%エタノールも効果があると思えず、5も×。正解は3

[補足]感染性胃腸炎の原因としては、サルモネラやカンピロバクターなどの細菌、ノロウイルス、ロタウイルスなどのウイルス、そのほか寄生虫などもあります。多いのは、ウイルス性で、秋から冬にかけて流行がみられ、成人ではノロウイルス、小児ではロタウイルスが多いようです。


 次の設問に挑戦してください。

[設問]ウイルス性胃腸炎の好発時期はどれか。

イ.春から夏にかけて

ロ.夏から秋にかけて

ハ.秋から冬にかけて

二.一年中            正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「厚生労働大臣」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1290) [過去問解析]

1290.下肢は長下肢ギプスから膝蓋腱支持ギプスに変更され、左上肢は義肢が装着されて自宅へ退院することになった。

 Aさんに対する退院指導で適切なのはどれか。

1.外出を控えるように指導する。

2.左前腕部に意識を集中しないように説明する。

3.義肢を装着して動作訓練を計画的に進めるよう指導する。

4.受傷前と同じ日常動作〈ADL〉ができることを目標に指導する。

                     正解(3)

[解説]外出を控える必要はなく、1は×。義肢装着をしているので、意識は集中すべきで、2も×。受傷前と同じADLを目標にするべきではなく、4も×。正解は3


 次の設問に挑戦してください。

[設問]義肢装具士の免許を与えるのは誰か。

イ.総理大臣

ロ.厚生労働大臣

ハ.日本義肢装具士協会会長

二.文部科学大臣           正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「レビー小体型認知症」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1289) [過去問解析]

1289.入院後6日、左前腕部の接着部から末梢側が壊死し、前腕切断術が行われた。術後4日、Aさんは幻肢痛を訴えた。

 看護師の対応で適切なのはどれか。

1.切断端に弾力包帯を巻く。

2.切断端のマッサージを行う。

3.肘関節を屈曲したままにする。

4.鎮痛薬では幻肢痛を軽減できないことを説明する。

                    正解(1)

[解説]切断端のマッサージは痛みを増悪させる可能性があり、2は×。肘関節の屈曲拘縮を起こす可能性があるので、3も×。鎮痛薬を希望しているわけではないので、4も×。正解は1

[補足]切断してなくなったはずの四肢の部位に痛みが起こるのを、幻肢痛(ファンタムペイン)と言います。確立された治療法はありませんが、ミラーセラピーと言って、鏡の箱を使って、健常な上肢を亡くなった側の上肢のように見せて動かしてもらい、それによって痛みを軽減しようと言う方法が行われることもあります。無くなった上肢を支配していた脳の部位を刺激して、症状緩和を図ろうとするものですね。


 次の設問に挑戦してください。

[設問]幻視を特徴的な症状とする認知症はどれか。

イ.アルツハイマー型認知症

ロ.血管性認知症

ハ.レビー小体型認知症

二.前頭側頭型認知症            正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「小児の上腕骨顆上骨折」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1288) [過去問解析]

次の文を読み1288~1290の問いに答えよ。

 Aさん(25歳、男性)は、オートバイの単独事故による交通外傷で救急病院に入院した。外傷部位は左上下肢で、左脛骨骨折に対しては長下肢ギプス固定をした。左前腕部は不全切断で、再接着術が行われた。

1288.入院後3日、左足趾のしびれと足背の疼痛を訴えた。

 看護師の観察で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.膝窩動脈を蝕知する。

2.足背の皮膚色を観察する。

3.足趾の屈伸運動が可能か確認する。

4.Volkmann〈フォルクマン〉拘縮の有無を確認する。

5.ギプスを数㎝カットして浮腫の有無を確認する。

                   正解(2,3)

[解説]膝窩動脈の蝕知は長下肢ギプスのために不可能で、1は×。フォルクマン拘縮は上肢に起こるもので、4も×。ギプスの数㎝カットでは浮腫の有無の確認は難しく、5も×。正解は、2と3

[補足]上肢や下肢の筋区画(骨、筋膜、骨間膜に囲まれた領域)の内圧上昇によって、循環障害を起こし、筋肉や神経の機能障害を生じるのをコンパートメント症候群(筋区画症候群)といいます。


 次の設問に挑戦してください。

[設問]フォルクマン拘縮は、どれに合併する場合が多いか。

イ.小児の上腕骨顆上骨折

ロ.中高年の橈骨遠位端骨折

ハ.小児の前腕骨骨折

二.成人の上腕骨骨幹部骨折     正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「失神」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び