So-net無料ブログ作成
検索選択

過去問を考えてみよう(1246) [過去問解析]

1246.ホルモン負荷試験について正しいのはどれか。

1.ホルモン分泌異常を生じている部位の推定に用いる。

2.分泌異常が疑われるホルモンを投与する。

3.前日の夕食から禁食にする。

4.入院が必要である。

                  正解(1)

[解説]ホルモン負荷試験とは、分泌異常が疑われるホルモンの分泌を刺激するホルモンを負荷するもので、禁食は当日朝で、入院の必要はなく、2,3,4は×。正解は1


 次の設問に挑戦してください。

[設問]甲状腺刺激ホルモンの下垂体での分泌が不足していないかどうかをみるために付加されるのはどれか。

イ.サイロキシン

ロ.成長ホルモン

ハ.インスリン

二.甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン     正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「A型肝炎ウイルス」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1245) [過去問解析]

1245.Aさん(42歳、女性)は、3日前から微熱と強い全身倦怠感を自覚したため病院を受診したところ、肝機能障害が認められ、急性肝炎の診断で入院した。1か月前に生の牡蠣を摂取している。Aさんはこれまで肝臓に異常を指摘されたことはなく、家族で肝臓疾患を罹患した者はいない。

 Aさんが罹患した肝炎について正しいのはどれか。

1.細菌感染である。

2.劇症化する危険性がある。

3.慢性肝炎に移行しやすい。

4.インターフェロン療法を行う。

                   正解(2)

[解説]牡蠣から感染した肝炎ということは、A型肝炎。これは慢性化はしにくく、インターフェロンを使うこともないので、1,3,4は×。まれではあるが劇症化することもあるので、正解は2

[補足]A型肝炎ウイルスは、水や牡蠣などの生の魚介類を飲食することによって感染します。潜伏期はだいたい4週間ほどです。


 次の設問に挑戦してください。

[正解]経口感染するのはどれか。

イ.A型肝炎ウイルス

ロ.B型肝炎ウイルス

ハ.C型肝炎ウイルス

二.D型肝炎ウイルス     正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「動脈血中の総ヘモグロビンのうち酸素と結合したヘモグロビンの割合いのこと」でした。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1244) [過去問解析]

1244.Aさん(60歳、男性)は、慢性心不全の終末期で、積極的な治療を行わないことを希望している。現在、入院中で、リザーバーマスク10L/分で酸素を吸入し、水分制限がある。時々息切れがみられるが、Aさんは面会に来た長女との会話を楽しみにしている。バイタルサインは呼吸数28/分、脈拍110/分、血圧76/50㎜Hg、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO₂〉88%であった。

 このときの対応で最も適切なのはどれか。

1.面会は制限しない。

2.水分制限を厳しくする。

3.Aさんに仰臥位を維持してもらう。

4.面会中は酸素マスクを鼻腔カニューラに変更する。

                       正解(1)

[解説]水分制限は厳しくする必要はなく2は×。仰臥位ではなく起座位がよいので3も×。酸素マスクの変更は必要なく4も×。正解は1

[補足]リザーバーマスクは高濃度酸素療法が必要な場合、適応となります。


 次の設問に挑戦してください。

[設問]SpO₂について、正しい説明はどれか。

イ.静脈血中の総ヘモグロビンのうち酸素と結合したヘモグロビンの割合いのこと。

ロ.動脈血中の総ヘモグロビンのうち酸素と結合したヘモグロビンの割合のこと。

ハ.静脈血中の総ヘモグロビンのうち酸素と結合していないヘモグロビンの割合のこと。

二.動脈血中の総ヘモグロビンのうち酸素と結合していないヘモグロビンの割合いのこと。

                     正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「手背や関節部位を選ぶ」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1243) [過去問解析]

1243.点滴静脈内注射によって抗癌薬を投与している患者の看護で適切なのはどれか。

1.悪心は薬で緩和する。

2.留置針は原則として手背に挿入する。

3.血管痛がある場合は直ちに留置針を差し替える。

4.2回目以降の投与では過敏症の症状の確認は必要ない。

                        正解(1)

[解説]留置針の挿入部位としては、手背は避けるべきで2は×。血管痛があれば、まずは薬液の漏れの有無を確認すべきで3は拙速で×。2回目以降でも過敏症の症状確認は必要で4も×。正解は1


 次の設問に挑戦してください。

[設問]抗癌薬の点滴静脈内注射の際、血管外漏出を避けるのに不適切なのはどれか。

イ.弾力のある血管を選択する。

ロ.下肢はできるだけ避ける。

ハ.手背や関節部位を選ぶ。

二.血管穿刺時は生理食塩水で血管確保を行う。   正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「橈骨神経」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1242) [過去問解析]

1242. 術中の仰臥位の保持によって発生することがある腕神経叢麻痺の原因はどれか。

1.上腕の持続的圧迫

2.前腕の回外の持続

3.肘関節の持続的圧迫

4.上肢の90度以上の外転

                正解(4)

[解説]腕神経叢は頸下部の鎖骨のあたりにあるので、上腕の圧迫、前腕の回外、肘関節の圧迫では影響は出ないので1,2,3は×。正解は4。上肢の90度以上の外転位では腕神経叢に牽引力が生じるため、障害が起きる可能性があるのです。

[補足]腕神経叢は第5~8頚神経と第1胸神経で形成されています。


 次の設問に挑戦してください。

[設問]泥酔してベンチで寝ていたら、右手の手首が上がらなくなり(垂れ手)、親指と人差し指の間あたりにしびれ感がある。麻痺したのはどれか。

イ.腋窩神経

ロ.橈骨神経

ハ.正中神経

二.尺骨神経        正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「心房細動」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1241) [過去問解析]

1241. 自動体外式除細動器〈AED〉による電気的除細動の適応となるのはどれか。

1.心静止

2.心房細動

3.心室細動

4.房室ブロック

                    正解(3)

[解説]問題をよく読めば、除細動というキーワードがあります。とすれば2か3か。しかし、心房細動はAEDの適応となるような緊急なものではないですから……正解は3

[補足]AEDは心停止のときに、自動的に心電図解析を行って、心室細動を検出した際には除細動を行う医療機器です。


 次の設問に挑戦してください。

[設問]心源性脳塞栓の原因となりやすいのはどれか。

イ.心房細動

ロ.上室性期外収縮

ハ.心室性期外収縮

二.不完全右脚ブロック     正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「すべて」でした。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1240) [過去問解析]

1240.疾患と原因となる生活習慣の組合せで適切なのはどれか。

1.低血圧症 ----- 飲酒

2.心筋梗塞 ----- 長時間労働

3.悪性中皮腫 ----- 喫煙

4.I型糖尿病 ----- 過食   

                   正解(2)

[解説]飲酒は、一時的には血圧低下の原因となりますが、長期間飲んだ場合は高血圧の原因となるので1は×。悪性中皮腫の原因はアスベストなので3も×。過食が原因となるのはII型糖尿病で4も×。正解は2


 次の設問に挑戦してください。

[設問]心筋梗塞の危険因子となるのはどれか。

イ.高血圧

ロ.喫煙

ハ.糖尿病

二.精神的ストレス

ホ.すべて          正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「業務上過失致死傷罪」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1239) [過去問解析]

1239.看護師医療事故を起こした場合の法的責任について正しいのはどれか。

1.罰金以上の刑に処せられた者は行政処分の対象となる。

2.事故の程度にかかわらず業務停止の処分を受ける。

3.民事責任として業務上過失致死傷罪に問われる。

4.刑法に基づき所属施設の使用者責任を問われる。

                      正解(1)

[解説]看護師の医療事故での業務停止処分は事故の程度によるので2は×。業務上過失致死罪が問われるのは刑法に基づくもので3も×。所属施設の使用者責任は民法によるので、4も×。正解は1


 次の設問に挑戦してください。

[設問]刑法に基づいて問われるのはどれか。

イ.不法行為責任

ロ.使用者責任

ハ.共同不法行為責任

二.業務上過失致死傷罪    正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「腋窩動脈」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1238) [過去問解析]

1238.前腕部からの動脈性の外出血に対する用手間接圧迫法で血流を遮断するのはどれか。

1.鎖骨下動脈

2.腋窩動脈

3.上腕動脈

4.橈骨動脈

                    正解(3)

[解説]動脈性の外出血であれば、そのすぐ上流で圧迫すべきなので、正解は3

[補足]止血方法としては、直接圧迫止血法、間接圧迫止血法、止血帯による止血法があります。


 次の設問に挑戦してください。

[設問]上腕動脈に直接つながる上流の動脈はどれか。

イ.鎖骨下動脈

ロ.腋窩動脈

ハ.橈骨動脈

二.腕頭動脈          正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「ファウラー位」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1237) [過去問解析]

1237.洗髪を行うときに、患者のエネルギー消費が最も少ない体位はどれか。

1.仰臥位

2.端座位

3.起座位

4.Fowler〈ファウラー〉位

                正解(1)

[解説]エネルギー消費が最も少ないのは、筋肉を最も使わない体位ですから、正解は1

[補足]エネルギー消費が最も多いのは立位、次が座位、そして臥位ということになります。


 次の設問に挑戦してください。

[設問]仰臥位で下肢を水平にして、上半身を約45度上げた体位はどれか。

イ.シムス位

ロ.ファウラー位

ハ.トレンデレンブルグ位

二.ジャックナイフ位          正解は次回に!!


   前回の設問の正解は、の「シムス位」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び