So-net無料ブログ作成
検索選択

過去問を考えてみよう(1174) [過去問解析]

 次の文を読み1174~1176の問いに答えよ。

 

 Aさん(81歳、女性)は、6年前にレビー小体型認知症と診断された。Aさんは雨の中を1人で外出して自宅に戻れなくなり、同居している娘に発見された。その夜、娘が話しかけたときのAさんの反応が鈍くなったため、かかりつけの病院を受診し、細菌性肺炎と診断され入院した。呼吸器疾患の既往はない。


1174.入院時にみられる所見はどれか。


1.樽状胸郭

2.呼気の延長

3.粗い断続性副雑音

4.高調性連続性副雑音

                    正解(3)


[解説]樽状胸郭はCOPD,呼気の延長は喘息、高調性連続性副雑音も喘息で、1,2,4は×。正解は3


[補足]粗い断続性副雑音は水泡音とも呼ばれ、吸気時に聴こえます。


 次の設問に挑戦してください。


[解説]聴診で呼気時に聴こえ、笛声音とも呼ばれるのはどれか。


イ.低調性連続性副雑音

ロ.高調性連続性副雑音

ハ.細かい断続性副雑音

ニ.粗い断続性副雑音             正解は次回に!!


   前回の設問の正解は、の「腰部脊柱管狭窄症」でした。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び