So-net無料ブログ作成
検索選択

過去問を考えてみよう(1184) [過去問解析]

 1184.入院後2週が経過した。Aさんの携帯電話は母親が持ち帰っているため、Aさんは職場のことが気になると言って、毎日、病棟内の公衆電話から頻繁に会社の上司に電話をしている。看護師が面接をしたところ、今後への強い焦りの訴えが聞かれた。

 Aさんへの対応で最も適切なのはどれか。


1.休養の必要性をAさんと再確認する。

2.仕事のことは考えないように伝える。

3.Aさんの上司にAさんの病状と行動との関連を説明する。

4.Aさんのテレホンカードをナースステーションで管理する。


                 正解(1)


[解説]2は、言っても効果があるとは思えず×。3は守秘義務違反となり×。4は人権をないがしろにする行為で×。正解は1


 次の設問に挑戦してください。


[設問]双極性障害の治療に、気分安定薬として使われるのはどれか。


イ.オランザピン

ロ.アリピプラゾール

ハ.リスペリドン

ニ.炭酸リチウム       正解は次回に!!


     前回の設問の正解は、の「20~29歳」でした。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1183) [過去問解析]

次の文を読み1183~1185の問いに答えよ。


 Aさん(23歳、女性)は、未婚で両親と3人で暮らしている。専門学校卒業後に就職し、仕事も順調であった。4か月前、仕事のミスがあったことをきっかけに気分が落ち込み、食欲のない状態が1か月ほど続いたが、通勤は続けていた。Aさんは2か月前から不眠を訴えるようになり、先月からは給料の全額を宝くじの購入に費やしてしまう行為がみられるようになった。Aさんは、心配した両親に付き添われて精神科病院を受診した。


1183.Aさんは、診察室では多弁であった。また、ささいなことで怒り出し、自分は病気ではないと治療を受けることを拒否した。意識は声明で見当識障害はみられなかった。Aさんは双極性障害と診断され医療保護入院をすることになった。

 入院時のAさんのアセスメントで正しいのはどれか。


1.躁状態

2.緘黙状態

3.錯乱状態

4.せん妄状態

                   正解(1)

[解説]意識障害も見当識障害もなく、多弁な双極性障害となれば、躁状態。正解は1


[補足]せん妄は、見当識障害が中核にあることが多く、注意力や思考力も低下し、幻覚や妄想を伴い、錯乱状態になることもあります。


 次の設問に挑戦してください。


[設問]双極性障害の好発年齢はどれか。


イ.10~19歳

ロ.20~29歳

ハ.30~39歳

ニ.40~49歳           正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「エストロゲン」でした。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1182) [過去問解析]

1182. Aさんの次回の受診は4週後になった。Aさんは「数日前から起きたときやおなかがすいたときに吐き気がします。次の受診までに私の体にどのような変化が起こるのでしょうか」と話した。

 看護師のAさんに対する説明で最も適切なのはどれか。


1.「体がかゆくなります」

2.「おりものが多くなります」

3.「仰向けで寝ていると気分が悪くなります」

4.「下肢にけいれんが起こりやすくなります」


                       正解(2)


[解説]妊娠性掻痒は妊娠中期以降か、仰臥位低血圧症候群は妊娠中期以降、下肢のけいれんが起きやすくなるのは妊娠中期以降で1,3,4は×。正解は2


[補足]妊娠10週ころに粘調度の高い白色帯下が増えますが、妊娠性帯下と呼ばれます。


 次の設問に挑戦してください。


[設問]妊娠性帯下に関わりが最も深いホルモンは次のどれか。


イ.プロゲステロン

ロ.エストロゲン

ハ.プロラクチン

ニ.アンドロゲン       正解は次回に!! 


   前回の設問の正解は、の「産後うつ」でした。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1181) [過去問解析]

1181.Aさんは医師から妊娠していると説明を受けた。Aさんは看護師に「初めての妊娠でうれしい。でも、任されている大きなプロジェクトが続けられなくなるため悲しくて、妊娠しなければよかったと思います」と話す。


 この時期のAさんの心理状態で最も適切なのはどれか。


1.錯乱状態である。

2.他罰的な感情がある。

3.マタニティブルーズである。

4.アンビバレント〈両価的〉な感情がある。


                正解(4)


[解説]嬉しいという感情と悲しいという感情を表明しているわけで、正解は4


[補足]マタニティブルーズとは、出産直後から産後10日くらいまでに起こる一時的な気分変調で、イライラしたり、わけもなく涙が出たり、気分が変わりやすかったりすることを言います。


 次の設問に挑戦してください。


[設問]出産後4週以内に、育児への不安、子どもの成長に対する心配過剰、母親としての自信喪失などの感情がみられるのを何というか。


イ.マタニティブルーズ

ロ.産後うつ

ハ.統合失調症

ニ.PTSD              正解は次回に!!


   前回の設問の正解は、の「16週」でした。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1180) [過去問解析]

次の文を読み1180~1182の問いに答えよ。


 Aさん(28歳、女性、会社員)は、結婚後1年で夫と2人で暮らしている。仕事上の役割も増えている。次回月経予定日を2週過ぎても月経がみられないため、勤務先近くの産婦人科クリニックを受診した。月経周期は28日型で、最終月経は3月2日から4日間であった。診察の結果、妊娠と診断された。


1180.3月と4月のカレンダーを示す。本日、4月14日のAさんの妊娠週数および日数を最終月経から求めよ。


国試カレンダー.png国試カレンダー2.png














 解答:妊娠①週②日


        正解(①:6、②:1)


[解説]妊娠週数は、最終月経開始日を0週0日として計算しますので、この場合、正解は6週1日となります。


 次の設問に挑戦してください。


[設問]「妊娠中期」あるいは「安定期」と呼ばれるのは、一般に妊娠第何週から始まるか。


イ.14週

ロ.15週

ハ.16週

ニ.17週         正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「発汗」でした。


[今日のメモ]たった一度の極度の恐怖体験をすることで、その後の生活に多大な影響がみられるのが、心的外傷後ストレス障害(PTSD)と言います。認知行動療法、抗不安薬、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)などを使った治療が行われていますが、その効果は十分ではないようです。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1179) [過去問解析]

1179.Aちゃん及び両親は、1型糖尿病の療養生活に必要な知識や主義を順調に獲得した。血糖値が良好にコントロールされたため、退院に向けてAちゃんと両親、主治医、担当看護師および学校の関係者との間でこれからの学校生活について話し合った。

 医療者から学校の関係者に伝える内容で最も適切なのはどれか。


1.「長距離走や水泳の授業は見学させてください」

2.「宿泊を伴う校外活動は保護者の同伴が必要です」

3.「教室内にインスリン注射を行う場所を設けてください」

4.「家庭科の調理実習は同級生と違う献立にしてください」

5.「手指の震えや強い空腹感があるときはブドウ糖の補食が必要です」


                正解(5)


[解説]糖尿病の管理で最も大切なのは、低血糖の予防対策です。正解は5


[補足]一般に低血糖症状としての自律神経症状(発汗、動悸、手指のふるえなど)が現れるのは血糖が70㎎/dL以下になったときで、50㎎/dL以下になると中枢神経症状(頭痛、集中力低下など)が、30㎎/dL以下になるとけいれんや昏睡が起きると言われています。


 次の設問に挑戦してください。


[設問]低血糖症状の初期症状はどれか。


イ.発汗

ロ.眠気

ハ.けいれん

ニ.昏睡                正解は次回に!!


   前回の設問の正解は、の「1~2時間」でした。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1178) [過去問解析]

1178.Aちゃんは、インスリンの持続的な注入を開始し、3日後、血糖値が安定した。1型糖尿病と診断が確定しインスリン自己注射を始めることになった。ペン型注入器を用いて、毎食前に超速効型インスリンの皮下注射、21時に持効型溶解インスリンの皮下注射を行うという指示が出ている。

 Aちゃんと両親に対するインスリン自己注射の指導で適切なのはどれか。2つ選べ。


1.インスリンを注射する部位は前回と違う部位に行う。

2.超速効型インスリンは単位数を変更せずに注射する。

3.食欲がないときは食後に超速効型インスリンを注射する。

4.血糖値が100㎎/ⅾL以下のときは持効型溶解インスリンの注射を中止する。

5.インスリンの注射をした後は針を刺した場所をよくもむ。

                        正解(1、3)


[解説]超速効型インスリンの単位数は食事の量などにより変更可能であり2は×、血糖値が100㎎/ⅾL以下のときは捕食後に注射すべきで、中止とはならず4も×、インスリンの注射後にもむとインスリン吸収が速まり、低血糖のリスクが高くなるので5も×。正解は1と3


 次の設問に挑戦してください。


[設問]持効型溶解インスリンの注射後効果が出るまでの時間はどれくらいか。


イ.5~10分

ロ.約30分

ハ.1~2時間

ニ.4~8時間     正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「クスマウル呼吸」でした。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1177) [過去問解析]

次の文を読み1177~1179の問いに答えよ。


 Aちゃん(11歳、女児)は、両親と3人で暮らしている。3週前から疲労感を訴え昼寝するようになった。そのころから夜間に尿意で起きてトイレに行くようになり、1日の尿の回数が増えた。2日前から食欲がなくヨーグルトや水分を摂取していたが、今朝から吐き気と嘔吐とがあり水分も摂れない状態になったため、母親とともに受診した。血液検査データは、赤血球580万/μL、Hb13.9g/dL、Ht44%、白血球9,500/μL、尿素窒素31㎎/ⅾL、クレアチニン0.7㎎/ⅾL、Na141mEq/L、K4.8mEq/L、Cl94mEq/L、随時血糖900㎎/ⅾL。動脈血ガス分析は、pH7.21、BE-12.3、HCO3-10.9mEq/L。尿検査は、尿糖2+、尿ケトン体3+であった。

 Aちゃんは1型糖尿病の疑いで入院した。


1177.入院時のバイタルサインは、体温37.3℃、呼吸数20/分、整、血圧110/68㎜Hgであり、点滴静脈内注射が開始された。

 入院時のAちゃんの状態で注意すべき所見はどれか。2つ選べ。

1.冷汗

2.浮腫

3.悪寒

4.意識障害

5.皮膚の弾力性の低下

             正解(4、5)


[解説]高血糖、動脈血検査結果、尿ケトン体3+など、糖尿病性ケトアシドーシスの状態と思われ、嘔吐で食事も水も摂っておらず、脱水の可能性も高い。注意すべき所見としては、「意識障害」と「皮膚の弾力性の低下」では。正解は4と5


[補足]糖尿病性ケトアシドーシスとは、インスリンの絶対的欠乏で起こるアシドーシスの状態のことで、1型糖尿病患者での発症がほとんどと言われています。多尿、嘔吐、腹痛などの症状が数時間から数日間で起き、悪化すれば意識障害をきたし、死亡に至ることもあります。


 次の設問に挑戦してください。


[設問]代謝性アシドーシスによって起きるとされる呼吸は、次のどれか。


イ.無呼吸

ロ.クスマウル呼吸

ハ.チェーンストークス呼吸

ニ.ビオー呼吸             正解は次回に!!


   前回の設問の正解は、の「筋萎縮」でした。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1176) [過去問解析]

1176. 入院7日、症状が軽快し明日退院することが決まった。消灯前にAさんが部屋にいないため探すと、小刻みにすり足で歩いているところを発見した。看護師がどうしたのか質問すると「そこに小さい子供がいるので見に行きたい」と、思いつめた表情で話した。


 このときのAさんへの対応で最も適切なのはどれか。


1.転倒の危険を説明する。

2.行きたい場所へ付き添う。

3.子ども時代の思い出を尋ねる。

4.子どもはどこかへ行ってしまったと説明する。

                            正解(2)


[解説]転倒の危険説明では問題解決にならず1は×、子ども時代の思い出を尋ねても対応にはならず3も×、子どもはどこかへ行ってしまったと言っても、幻視として見えていれば、問題は解決せず、4も×。正解は2


[補足]問題にある「小刻みにすり足で…」はパーキンソン歩行であり、子どもがいると思うのは幻視によるものです。レビー小体型認知症では幻視に子供が登場するのはよくあることです。


 次の設問に挑戦してください。


[設問]パーキンソン症状ではないのはどれか。


イ.筋萎縮

ロ.動作緩慢

ハ.筋固縮

ニ.無動症        正解は次回に!!

 

   前回の設問の正解は、の「レビー小体型認知症」でした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1175) [過去問解析]

1175.入院当日、抗菌薬の点滴静脈内注射が開始された。投与開始直後からAさんが輸液ラインを指し「虫がいる」と大きな声を上げている。


 このときの看護師の対応で最も適切なのはどれか。


1.虫がいないことを説明する。

2.点滴静脈内注射を中止する。

3.Aさんをナースステーションに移動する。

4.輸液ラインをAさんから見えない状態にする。


                        正解(4) 


[解説]レビー小体型認知症特有の幻視です。虫が実際見えているわけなので1では説得不能で×。治療中断はとんでもないことで、2も×。ナースステーションに移動して対応する問題ではなく3も×。正解は4


[補足]幻視はレビー小体型認知症に特徴的な症状で、見えるものとしては虫や小動物が多いようです。もちろん人が見えることもあります。


 次の設問に挑戦してください。


[設問]幻視とパーキンソン症状がみられることが多いのはどれか。


イ.アルツハイマー型認知症

ロ.前頭側頭葉変性症

ハ.血管性認知症

ニ.レビー小体型認知症       正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「高調性連続性副雑音」でした。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び