So-net無料ブログ作成

過去問を考えてみよう(1247) [過去問解析]

1247.乳癌の自己検診法の説明で適切なのはどれか。

1.月経前に行う。

2.年に1回実施する。

3.指先を立てて乳房に触る。

4.乳房の皮膚のくぼみの有無を観察する。

                  正解(4)

[解説]月経終了後1週間から10日くらいの間が適切で1は×。やるなら毎月1回で、2も×。指先は立てずに指の腹でがよく、3も×。正解は4

[補足]乳癌の自己検診のチェックポイントは、「乳房の左右差や変形」「しこりの有無」「皮膚のへこみの有無」「ひきつったところはないか」「出血や異常分泌物の有無」などです。


 次の設問に挑戦してください。

[設問]乳癌の発生が多いのは乳輪を中心にどこか。

イ.外側上部

ロ.内側上部

ハ.外側下部

二.内側下部        正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。