So-net無料ブログ作成
検索選択

過去問を考えてみよう(1236) [過去問解析]

1236.体位が身体に与える影響について正しいのはどれか。

1.座位から仰臥位になると楽に呼吸ができる。

2.立位と比較して座位の方が収縮期血圧は低い。

3.仰臥位から急に立位になると脈拍が速くなる。

4.立位からTrendelenburg〈トレンデレンブルグ〉位になると収縮期血圧が下降する。

                    正解(3)

[解説]呼吸は横隔膜が下がるので仰臥位より座位の方が呼吸は楽、立位になると血液は下肢に多くなり、座位より収縮期血圧は低くなる、立位からトレンデレンブルグ位になると収縮期血圧は上昇する。というわけで1,2,4は×。正解は3

[補足]トレンデレンブルグ位は安静な体位で、副交感神経優位の状態。ですから、脈拍は遅くなる傾向があります。


 次の設問に挑戦してください。

[設問]妊婦の安楽体位として用いられるのはどれか。

イ.シムス位

ロ.トレンデレンブルグ位

ハ.ファウラー位

二.切石位             正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「昆布」でした。

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。