So-net無料ブログ作成
検索選択

過去問を考えてみよう(1212) [過去問解析]

1212.自力での摂取が困難な臥床患者の食事介助で適切なのはどれか。


1.水分摂取の介助を控える。

2.仰臥位の姿勢を保持するよう介助する。

3.食事内容が見える位置に食器を配置する。

4.患者の下顎が上がるよう上方からスプーンで介助する。 

                           正解(3)

[解説]水分摂取の介助を控える必要はなく、仰臥位では誤嚥のリスクが高まり、下顎は上がらない方が、で1,2,4は×。正解は3


 次の設問に挑戦してください。

[設問]摂食・嚥下障害のリハビリテーションは、主にどの職種が行うか。

イ.理学療法士

ロ.作業療法士

ハ.言語聴覚士

ニ.栄養士           正解は次回に!!


   前回の設問の正解は、の「厚生労働大臣」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。