So-net無料ブログ作成
検索選択

過去問を考えてみよう(1208) [過去問解析]

1208. 小脳失調でみられるのはどれか。


1.下肢の麻痺が認められる。

2.姿勢保持が困難になる。

3.血圧が不安定になる。

4.体がこわばる。

                   正解(2)

[解説]小脳失調で起きるのは、四肢の運動失調、体幹の運動失調、断綴(だんてつ)性言語などです。正解は2

[補足]小脳失調か、深部感覚の障害による感覚性失調かを見分けるために行うのが、ロンベルグ試験です。目を閉じて体のふらつきがひどくなると陽性、あまり変わりがないと陰性となります。小脳性では陰性、感覚性では陽性となります。


 次の設問に挑戦してください。

[設問]坐骨神経の刺激症状の有無を判定するために使われるのはどれか。


イ.ラセーグ徴候

ロ.ブルジンスキー徴候

ハ.スパーリング徴候

ニ.ケルニッヒ徴候          正解は次回に!!


   前回の設問の正解は、の「下肢の静脈」でした。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました