So-net無料ブログ作成
検索選択

過去問を考えてみよう(1165) [過去問解析]

次の文を読み1165~1167の問いに答えよ。

 Aさん(28歳、女性、会社員)は、夫と1歳の娘との3人で暮らしている。25歳のときに潰瘍性大腸炎と診断され、内服治療を続けてきた。Aさんは27歳で出産後、職場に復帰していたが3か月前から排便回数が増え、便に血液が混入するようになった。1週前から下痢が1日8~10回あり、腹痛や発熱もみられ、外来受診したところ、潰瘍性大腸炎の再燃のため入院することになった。身長158.2cm、体重40.2㎏。体温38.3℃、脈拍92/分、血圧108/76㎜Hgであった。血液検査データは、赤血球340万/μL、白血球9,800/μL、Hb7.8/dL、アルブミン2.5㎎/dL、CRP5.5㎎/dL。


1165.Aさんの状態のアセスメントで適切なのはどれか。


1.BMIによる肥満度の判定基準では普通体重に該当する。

2.貧血は心不全の徴候を示している。

3.浮腫が出現する可能性がある。

4.脱水に陥る可能性は低い。

                    設問(3)


[解説]BMIからみれば低体重、貧血は病巣からの出血によるもの、下痢があり脱水に陥る可能性はあり、1,2,4は×。正解は3


[補足]アルブミンは血清蛋白の約60%を占めています。低アルブミン血症は膠質浸透圧の低下を起こし、浮腫の原因となります。正常値は、3.5g/dL以上とされています。


 次の設問に挑戦してください。


[設問]健常者の血清蛋白分画で、アルブミンに次いで多いのはどれか。


イ.α1グロブリン

ロ.α2グロブリン

ハ.βグロブリン

ニ.γグロブリン         正解は次回に!!


   前回の設問の正解は、の「パーキンソン病」でした。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました