So-net無料ブログ作成
検索選択

過去問を考えてみよう(1158) [過去問解析]

1158.前腕の内側中央部に創部がある患者で、創部のガーゼがずれないよう固定する必要がある。

 伸縮性のある巻軸包帯を使う場合に適切なのはどれか。2つ選べ。


1.創の部位から巻き始める。

2.包帯を伸ばした状態で巻く。

3.前腕部の巻き方は螺旋帯とする。

4.手関節から肘関節まで巻く。

5.巻き終わりは環行帯とする。

                   正解(3,5) 


[解説]巻き始めは創部より遠位部(手首側)、伸ばした状態で巻くと伸縮性が保てず、関節ははずして巻くので、1,2,4は×。正解は、3と5


[補足]環行帯とは、包帯を同じ箇所に重ねて巻く方法です。一般に、巻き始めと巻き終わりに使われます。また、螺旋帯とは、螺旋状に包帯を巻く方法で、こちらはずれやすく、固定には使えません。

 

 次の設問に挑戦してください。


[設問]包帯を8の字を描くように交差させて巻き上げていく方法で、主に関節部位に多く用いられるのはどれか。


イ.環行帯

ロ.螺旋帯

ハ.蛇行帯

ニ.麦穂帯            正解は次回に!!



   前回の設問の正解は、の「17歳」でした。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました