So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

過去問を考えてみよう(1047) [過去問解析]

1047.Aさんは肺炎による急性呼吸不全と診断され、点滴、膀胱留置カテーテルの挿入および気管内挿管が実施された。

 このときのAさんの観察で最も注意すべき状態はどれか。

1.乏尿

2.血圧上昇

3.末梢冷感

4.下肢の浮腫

5.呼吸音の減弱

                   正解(5) 

[解説]急性呼吸不全が起きているのだから、当然”呼吸音の減弱”が 優先順位の高い観察項目と思われます。正解は5

 次の設問に挑戦してください。

[設問]呼吸不全の定義とされるのは、動脈血酸素分圧〈PaO2〉が幾つ以下か。

イ.30Torr以下

ロ.40Torr以下

ハ.50Torr以下

ニ.60Torr以下     正解は次回に!! 

   前回の設問の正解は、の「20~30%」でした。文献によっては15~20%となっているものもありますが。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1046) [過去問解析]

次の文を読み1046~1048の問いに答えよ。

 Aさん(64歳、女性)は、慢性閉塞性肺疾患で通院加療中である。1週前から感冒用症状があり市販薬を服用し経過をみていたが、呼吸困難を訴えた後、反応が鈍くなり救急車で搬送された。Aさんは肩呼吸をしており、発汗が著明で口唇は乾燥している。体温38.3℃、呼吸数35/分、脈拍108/分、血圧96/70mmHg,経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉89%であった。ジャパン・コーマ・スケール〈JCS〉II-30。動脈血ガス分析では動脈血酸素分圧〈PaO2〉60Torr、動脈血炭酸ガス分圧〈PaCO2〉68Torr、pH7.29であった。

1046.この時点でのAさんのアセスメントで誤っているのはどれか。

1.脱水である。

2.意識障害がある。

3.アシドーシスである。

4.ショック状態である。

                 正解(4) 

[解説]口唇乾燥で脱水はあり、ジャパンコーマスケールから意識障害がうかがえ、pH7.29だからアシドーシス。よって1,2,3は×。正解は4。 

 次の設問に挑戦してください。

[設問]慢性閉塞性肺疾患は、一般に喫煙者の何%に発症すると言われているか。

イ.5~10%

ロ.20~30%

ハ.40~50%

ニ.60~70%    正解は次回に!! 

       前回の設問の正解は、の「60滴」でした。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1045) [過去問解析]

1045. 500mLの輸液を50滴/分の速度で成人用輸液セットを用いて順調に滴下し、現在80分が経過した。

 このときの輸液の残量を求めよ。

 ただし、小数点以下の数値が得られた場合には、小数点以下第1位を四捨五入すること。

 正解 (300)mL

[解説]点滴の成人用では20滴で1mLなので、80分間で落ちた滴数が(50×80=4000 )4000滴とすれば、200mLが減ったことになります。よって、正解は300mLとなります。

 次の設問に挑戦してください。

[設問]小児用の点滴では、1mLは何滴に相当するか。

イ.30滴

ロ.40滴

ハ.50滴

ニ.60滴     正解は次回に!! 

        前回の設問の正解は、の「IgG」でした。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1044) [過去問解析]

1044. 児の免疫に関する説明で正しいのはどれか。2つ選べ。

1.胎児期は胎盤を通じて母体からIgGを受け取る。

2.出生後は母乳からIgMを受け取る。

3.生後3か月ころに免疫グロブリンが最も少なくなる。

4.1歳ころから抗体の産生が盛んになる。

5.3歳ころにIgAが成人と同じレベルに達する。 

                   正解(1,3) 

[解説]母乳に含まれるのはIgAであり、2は×。 抗体産生が盛んになるのは乳児期後半で4も×。IgAが成人レベルに達するのは15~18歳ころで5も×。正解は1と3

[補足] 胎盤を通じて母体から胎児に移行するのはIgGで、IgM、IgAは普通は移行しません。免疫グロブリンの胎盤移行は12週ころから始まります。

 次の設問に挑戦してください。

[設問]免疫グロブリンで最も多いのはどれか。

イ.IgA

ロ.IgD

ハ.IgG

ニ.IgM        正解は次回に!! 

      前回の設問の正解は、の「ヒトパピローマウイルス感染」でした。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1043) [過去問解析]

1043. Aさん(42歳、女性)は、2週間前から腰痛と坐骨神経痛とを発症し整形外科で処方された鎮痛薬を内服している。帯下が増えて臭いもあるため婦人科を受診し、子宮頸癌と診断された。

 進行期を決めるためにAさんに行われる検査で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.ヒトパピローマウイルス検査

2.小腸内視鏡検査

3.腎盂尿管造影

4.脊髄造影

5.CT

                    正解(3,5) 

[解説] 進行期を決めるためには、腎盂尿管造影で尿管への浸潤を調べ、CTで周辺臓器への広がりや転移を調べます。正解は3と5

 次の設問に挑戦してください。

[設問] 子宮頸癌の原因と言われるのはか。

イ.ヘルペスウイルス感染

ロ.ヒトパピローマウイルス感染

ハ. HIV感染

ニ. EBウイルス感染       正解は次回に!!

      前回の設問の正解は、の「寒がり」でした。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1042) [過去問解析]

1042.Aさん(35歳、女性、会社員)は、動悸、手指の震え及び体重減少があり、受診したところ、頻脈と眼球突出とを指摘され抗甲状腺薬の内服を開始した。Aさんは看護師に「仕事のストレスは寝る前にビールを飲むことで解消するようにしているが、ちょっとしたことでイライラして眠れない」と話した。

 Aさんへの説明で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.「仕事を休みましょう」

2.「禁酒する必要があります」

3.「積極的に運動しましょう」

4.「発熱したときは受診してください」

5.「病気が原因でイライラしやすくなります」

                 正解(4,5) 

[解説]甲状腺機能亢進症で仕事を休む必要はなく、禁酒も必要なく、運動は避けるべきで、1,2,3は×。正解は4と5

[補足]抗甲状腺薬の 副作用としては。かゆみや湿疹、肝機能異常、無顆粒球症などがあります。この中で無顆粒球症は危険な副作用とされています。

 次の設問に挑戦してください。

[設問] 甲状腺機能亢進症の症状・所見でないのはどれか。

イ.寒がり

ロ.甲状腺腫

ハ. ふるえ

ニ.動悸     正解は次回に!! 

      前回の設問の正解は、の「シーソー呼吸」でした。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1041) [過去問解析]

1041. Aさん(60歳、男性)は、転倒して第5頸椎レベルの脊髄を損傷した。肩を上げることはできるが、上肢はわずかに指先を動かせる程度である。呼吸数22/分、脈拍86/分、血圧100/70mmHg、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉97%であった。Aさんは「息がしづらい」と言っている。

 Aさんの状態で適切なのはどれか。2つ選べ。

1.低酸素症がある。

2.胸郭運動がみられる。

3.無気肺を起こしやすい。

4.腹式呼吸を行っている。

5.閉塞性換気障害を起こしている。

                正解(3,4) 

[解説]頸髄損傷では胸郭が動かないため腹式呼吸だけとなり、ため息呼吸ができなくなり、これが無気肺の原因となります。 正解は3と4

 次の設問に挑戦してください。

[設問] 頸髄損傷患者で、肋間筋の麻痺により起こる呼吸は次のどれか。

イ.チェーンストークス呼吸

ロ.クスマウル呼吸

ハ.ビオー呼吸

ニ.シーソー呼吸      正解は次回に!! 

      前回の設問の正解は、の「喫煙」でした。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1040) [過去問解析]

1040. パルスオキシメータによる経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO2〉の測定に適した部位はどれか。2つ選べ。

1.背部

2.上腕

3.指先

4.耳たぶ

5.大腿部

                 正解(3,4)

[解説]発光部と受光部が向かい合っている部位で、その間を光が通過する必要があるので、正解は3と4

[補足] パルスオキシメータの原理は1974年に、日本光電工業株式会社の青柳卓雄さんと岸道男さんによって発明されています。原理に関する特許は「光学式血液測定装置」として出願されています。それから遅れることひと月足らずでコニカミノルタから「オキシメータ」の特許出願がされています。さすが科学技術の日本ですね。そして、1977年には、コニカミノルタで、世界初の指先測定タイプのパルスオキシメータが商品化されたそうです。

 次の 設問に挑戦してください。

[設問] 慢性閉塞性肺疾患(COPD)の主たる原因はどれか。

イ.喫煙

ロ.飲酒

ハ.大気汚染

ニ.蒸気        正解は次回に!! 

     前回の設問の正解は、の「配偶者暴力相談センター」との「警察官」でした。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1039) [過去問解析]

1039. 配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護に関する法律に定められているのはどれか。2つ選べ。

1.離婚調停の支援

2.成年後見制度の利用

3.保健所による自立支援

4.婦人相談員による相談

5.裁判所による接近禁止命令

                  正解(4,5) 

[解説]離婚調停の支援は含まれず、成年後見制度は関係なく、自立支援する責務を負うのは国及び地方公共団体となっており、1,2,3は×。 正解は4と5。 

 次の設問に挑戦してください。

[設問] ”配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律”において、配偶者からの暴力を受けている者を発見した者に努力義務として課せられているのは、次のどこへの通報か。2つ選べ。

イ.保健所

ロ.配偶者暴力相談センター

ハ.警察官

ニ.家庭裁判所

ホ. 児童相談所      正解は次回に!!

         前回の設問の正解は、の「慢性腎不全」でした。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1038) [過去問解析]

1038.慢性腎不全によって起こるのはどれか。2つ選べ。

1.低血圧

2.低リン血症

3.低カリウム血症

4.低カルシウム血症

5.代謝性アシドーシス

                    正解(4,5)

[解説] 慢性腎不全で起こるのは、低Ca血症、高P血症、低Na血症、代謝性アシドーシスなどで、正解は4と5

[補足]慢性腎不全では、腎臓でつくられるエリスロポエチンが不足して正球性正色素性貧血が起きます。

 次の設問に挑戦してください。

[設問] 正球性正色素性貧血の原因となるのはどれか。

イ.悪性貧血

ロ.鉄分の摂取不足

ハ.慢性腎不全

ニ.ビタミンB12欠乏症      正解は次回に!!

       前回の設問の正解は、の「」でした。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の10件 | -