So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

過去問を考えてみよう(953) [過去問解析]

953. Aさんは自宅のトイレを利用している。緩下薬を内服し、2日に1回浣腸を行っている。猛暑が続く8月の訪問時にAさんは最近便秘がちで尿量も少ないと訪問看護師に繰り返し訴えた。

 Aさんへの対応で最も適切なのはどれか。

1.水分の摂取を促す。

2.浣腸の回数を増やす。

3.ポータブルトイレの利用を勧める。

4.医師に別の緩下薬の処方を依頼する。

                     正解(1)

[解説]尿量が減っているということは、脱水になる危険性があるということ。正解は1 

 次の設問に挑戦してください。

[設問] 脱水症でみられないのはどれか。

イ.血圧低下

ロ.倦怠感

ハ.こむら返り

二.尿量増加                   正解(


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(952) [過去問解析]

952.Aさんは繰り返し使用できるカテーテルによる間欠的自己導尿を行っている。

 排尿のセルフケアの指導として最も適切なのはどれか。

1.24時間の蓄尿を勧める。

2.カテーテルの挿入は無菌操作で行う。

3.急に発熱した場合は医師に連絡する。

4.カテーテルを保管するケースの消毒薬は週1回交換する。

                       正解(3)

[解説]自己導尿をしておられるので、24時間蓄尿の必要性は低く、1は×。在宅での無菌操作は困難なことが多く、2も×。消毒薬は毎日交換するべきで4も×。正解は3 

 次の設問に挑戦してください。

[設問] 成人の膀胱の再容量はどれくらいか。

イ.250ml

ロ.400ml

ハ.750ml

二.1200ml            正解(      


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(951) [過去問解析]

次の文を読み951~953の問いに答えよ。

 Aさん(35歳、男性、建設業)は、両親と3人で暮らしている。3年前の仕事中に屋根から転落して、第12胸髄を損傷した。1か月前から車で作業所に通い、作業中はほとんど車椅子に座っている。週1回の訪問看護を利用している。

951. 訪問時、仙骨部に軽度の発赤を認めた。

 褥瘡悪化予防のためにAさんに勧める内容で最も適切なのはどれか。

1.仙骨部のマッサージを行う。

2.リクライニング式の車椅子を利用する。

3.作業中にプッシュアップ動作を取り入れる。

4.座るときは膝関節と股関節を60度に曲げる。

                     正解(3)

[解説]マッサージは表皮剥離など起こす危険性があり1は×。リクライニング式の椅子では、仙骨部の圧迫はとれないので2も×。膝と股関節を60度に屈曲すれば仙骨部への圧迫がさらに高まるので4も×。正解は3

[補足] プッシュアップとは、「両上肢で体幹を垂直方向へ挙上⇒臀部を後上方へ引き上げ⇒腰を挙上⇒臀部を下す」という一連の動作をいいます。脊髄損傷患者の日常生活動作の自立のためにも必要な動作と言われています。

 次の設問に挑戦してください。

[設問]我が国において、脊髄損傷の原因として最も多いのはどれか。

1.高所からの落下

2.転倒

3.スポーツ

4.交通事故             正解( 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(950) [過去問解析]

950. 入院1か月。A君の退院が決定した。

 A君の家族に対する説明として適切なのはどれか。2つ選べ。

1.「今後サッカーは禁止です」

2.「十分な睡眠をとらせてください」

3.「規則正しい服薬が発作を予防します」

4.「発作時はタオルを口にかませてください」

5.「学校には病名を知らせる必要はないでしょう」

             正解(2,3) 

[解説]サッカー禁止は必要なく、1は×。 最近では発作時にタオルをかませることはさせないことになっているので、4は×。学校には知らせておく必要があるので、5も×。正解は、2と3

 次の設問に挑戦してください。

[設問]高齢者のてんかんの原因で最も多いのはどれか。

イ.脳血管障害

ロ.頭部外傷

ハ.アルツハイマー型認知症

二.脳腫瘍               正解( 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(949) [過去問解析]

948. 入院後1週。A君は同じ病室に入院している他の患児と話したり、漫画を読んだりしてベッド上で過ごしている。入院後は抗てんかん薬を服用し、発作はみられていない。

 このときのA君への指導内容で最も適切なのはどれか。

1.1人で入浴する。

2.病棟の外を散歩する。

3.好きな携帯型電子ゲームで遊ぶ。

4.病棟レクリエーションへ参加する。

                     正解(4) 

[解説] まだ発作後1週間であれば、再発作の危険もあり、1、2、3は×。正解は4

 次の設問に挑戦してください。

[設問]てんかんの有病率に最も近いのはどれか。

イ.0.1%

ロ.1%

ハ.2%

二.3%             正解( 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(948) [過去問解析]

次の文を読み948~950の問いに答えよ。

 A君(8歳、男児)は、携帯型電子ゲームサッカーが好きである。A君は宿題をしているときに、突然意識を失い、10数秒持続する四肢の屈曲を伴うけいれんを起こした。その後、全身筋肉の収縮と弛緩を繰り返すけいれんが10秒程度続き、A君の呼吸は停止しチアノーゼが認められた。けいれんが終了し呼吸は回復したが、意識障害が持続していたため病院に救急搬送された。

948. A君の意識は徐々に回復したが、健忘が認められる。頭部CT検査で頭部外傷は認められなかった。A君は、てんかんの疑いで入院した。

 A君に対する検査で優先度が高いのはどれか。

1.脳波検査

2.知能検査

3.人格検査

4.脳脊髄検査

                    正解(1) 

[解説]てんかんが疑われるので、優先するのは脳波ですね。正解は1。 

 次の設問に挑戦してください。

[設問]抗てんかん薬はどれか。

イ.シロスタゾール

ロ.バルプロ酸

ハ. アムロジピン

二. メマンチン              正解(


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(947) [過去問解析]

947. 入院後2か月。Aさんと夫は主治医と面接し、Aさんは2週後に自宅への退院を目指すことになった。それ以来、Aさんは積極的に病院から自宅への外出を繰り返すようになったが、夕方に外出から戻ってくるとすぐにベッドに入り臥床していることが多くなった。

 うつ病の回復期にあるAさんについて情報収集する項目で優先度が高いのはどれか。

1.希死念慮の確認

2.外出時の食事内容

3.外出時の服薬状況

4.Aさんの家庭の経済状況 

                     正解(1) 

 [解説]うつ病の回復期に起きやすいのが自殺。正解は1

[補足]希死念慮とは、死ななければならない、あるいは死にたいという言葉が頭に取り付いて離れず、自殺を義務的に思い込んでしまうことをいいます。 

 次の設問に挑戦してください。

[設問] うつ病の際、脳内で減少していると言われるのはどれか。

イ.アセチルコリン

ロ.ドパミン

ハ.ニコチン

二.セロトニン             正解( 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(946) [過去問解析]

946.入院後1か月。Aさんは「私は役に立たない人間です。昔から妻や母親としての役割を果たせていませんでした」と発言している。食事は3分の2を摂取できるようになり、夜間も眠れていることから、主治医は認知療法への参加を勧めた。

 この時点の認知療法で修正するのはどれか。

1.内向的な性格

2.低下した意欲

3.Aさんと息子との親子関係

4.自分は役に立たない人間だという考え方

                      正解(4)

[解説]認知療法は、ゆがんだ思考法、考えを的にして、それを修正する心理療法なので、正解は4 

 次の設問に挑戦してください。

[設問] 1960年代に認知療法を提唱したのは誰か。

イ.アーロン・ベック

ロ.アルバート・エリス

ハ.ドナルド・マイケンバウム

二. デビッド・D.バーンズ             正解(


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(945) [過去問解析]

次の文を読み945~947の問いに答えよ。

 Aさん(52歳、女性、専業主婦)は、夫と2人の息子との4人で暮らしている。Aさんは内向的な性格であり、順番にまわってきた町内会の役員を引き受けたことで悩むことが多くなった。2か月前から食欲不振と不眠が続いている。1か月前から家事ができなくなり、死んでしまいたいと言い始めたため、夫が付き添って精神科を受診したところ、うつ病と診断された。

945.Aさんは「いつも身体がだるくて、何もしたくない。生きていても皆に迷惑がかかるだけだ」と話す。体重減少と長期間続く不眠のため、疲れ果てた様子をみせていることから、その日のうちに入院し、薬物治療が開始された。

 入院当日の観察項目で優先度が高いのはどれか。

1.清潔状態

2.水分摂取量

3.意識レベル

4.他者との交流状況

                   正解(2)

[解説]優先すべきは全身状態の把握であり、体重減少がみられているので、脱水などが気がかり。正解は2

[補足] 脱水とは、医学的には、体内の水分量が不足した状態をいいます。原因としては、水分摂取が不足、あるいは水分喪失の過剰があります。具体的な原因としては、発熱、下痢・嘔吐、高温下での生活、作業、運動などが挙げられます。

 次の設問に挑戦してください。

[設問]脱水の原因となるのはどれか。2つ選べ。

イ.炭水化物に偏った食事

ロ.下痢

ハ.睡眠過多

二.発熱

ホ.喫煙            正解( 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(944) [過去問解析]

944.産褥5日。Aさんは、体温37.0℃、脈拍66/分、血圧118/60mmHgであった。子宮底の位置は恥骨結合上3横指で、収縮は良好であった。児の体重は3,950g。直接授乳を行っており、授乳後に児はよく眠っていた。Aさんは「本日退院ですが、家で気をつけることは何でしょうか。教えてください」と話す。

 Aさんに対する退院後の指導で最も適切なのはどれか。

1.「浴槽に入って清潔にしてください」

2.「蛋白質の少ない食事にしてください」

3.「悪露が増えたときは受診してください」

4.「授乳ごとに赤ちゃんへ追加のミルクを飲ませてください」

                       正解(3) 

[解説]産道の傷が癒えていない時期なので、現在はシャワー浴で、1は×。蛋白質はむしろ増やすべきで2も×。授乳後よく児は眠っているので、授乳は足りていると思われ、4も×。よって正解は3

[補足]産褥が順調であれば、悪露は血性⇒褐色⇒黄色へと変わり、量も減少していきます。 

 次の設問に挑戦してください。

[設問]順調な悪露の色の変化はどれか。

イ.褐色⇒赤色⇒黄色⇒白色

ロ.褐色⇒黄色⇒白色⇒赤色

ハ.赤色⇒褐色⇒黄色⇒白色

二.赤色⇒黄色⇒白色⇒褐色      正解( 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の10件 | -