So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

過去問を考えてみよう(1252) [過去問解析]

1252.Lewy〈レビー〉小体型認知症の初期にみられる症状はどれか。

1.幻視

2.失語

3.脱抑制

4.人格変化

               正解(1)

[解説]レビー小体型認知症といえば、幻視ですね。正解は1

[補足]レビー小体型認知症では、幻視のほか、パーキンソン症状がみられることが多いのも特徴です。


 次の設問に挑戦してください。

[設問]アルツハイマー型認知症の病変が始まるのは、どこと言われているか。

イ.前頭葉前部

ロ.頭頂葉

ハ.側頭葉内側

二.後頭葉        正解は次回に!!


 前回の設問の正解は、の「中耳炎」でした。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1251) [過去問解析]

1251. Aさん(85歳、女性)は、両側の感音難聴で「音は聞こえるけれど、話の内容が聞き取れないで困っています」と話した。

 Aさんに対する看護師の対応で適切なのはどれか。

1.大きな声で話す。

2.話の内容をより詳しく説明する。

3.Aさんが文字盤を使えるようにする。

4.看護師の口の動きが見えるように話す。

                     正解(4)

[解説]感音難聴で大きな声で話しても、声は聞こえても話の内容は聞き取れないので1は×。話を詳しく話すと、却って聞き取りにくくなり、2も×。文字盤を使う必要はなく3も×。正解は4

[補足]感音難聴は、内耳の蝸牛にある感覚細胞、聴神経に障害があって起きるものです。


 次の設問に挑戦してください。

[設問]感音難聴の原因でないのはどれか。

イ.メニエール病

ロ.内耳炎

ハ.中耳炎

二.薬剤性難聴       正解は次回に!!


  前回の正解は、の「アミラーゼ」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1250) [過去問解析]

1250.加齢による咀嚼・嚥下障害の特徴で正しいのはどれか。

1.咳嗽反射が低下する。

2.口腔内の残渣物が減る。

3.唾液の粘稠度が低下する。

4.食道入口部の開大が円滑になる。

                  正解(1)

[解説]加齢に伴い、口腔内の残渣物は増え、粘稠度は高くなり、食道入口部の開大は円滑でなくなるので、2,3,4は×。正解は1

[補足]高齢者では、耳下腺から分泌される漿液性の唾液が減少し、そのため唾液のムチン含有量が相対的に増加し、粘稠度が高くなるとされています。


 次の設問に挑戦してください。

[設問]唾液中に含まれ、でんぷんをマルトースに分解するのはどれか。

イ.アミラーゼ

ロ.リパーゼ

ハ.マルターゼ

二.トリプシン         正解は次回に!!


    前回の設問に正解は、の「メラトニン」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1249) [過去問解析]

1249.高齢者の活動と休息のリズムの調整について最も適切なのはどれか。

1.午前中に日光を浴びる機会をつくる。

2.昼食後に入浴する。

3.昼寝をしない。

4.就眠前に水分を多く摂る。

                     正解(1)

[解説]食後の入浴はよくないので2は×。昼寝は短時間とるべきで3は×。就眠前に水分を多くとると夜間トイレへの回数が増えるので4も×。正解は1

[補足]体内時計の調節には、朝日を浴びることがよいとされています。


 次の設問に挑戦してください。

[設問]日中の強い光を浴びると分泌が減少し、夜、暗くなると分泌量が増え、睡眠に向かわせる作用を持つのはどれか。

イ.アドレナリン

ロ.セロトニン

ハ.アセチルコリン

二.メラトニン            正解は次回に!!


   前回の設問の正解は、の「唾液分泌の亢進」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1248) [過去問解析]

1248. 高齢者看護において目標指向型思考を重視する理由で最も適切なのはどれか。

1.疾患の治癒促進

2.老化現象の進行の抑制

3.病態の関連図の作成の効率化

4.生活全体を豊かにケアの実践

                正解(4)

[解説]問題指向型思考とは、患者の視点に立って健康上の問題を解決しようとするもので、正解は4


 次の設問に挑戦してください。

[設問]高齢者の身体機能の特徴でないのはどれか。

イ.筋力の低下

ロ.唾液分泌の亢進

ハ.嗅覚の低下

二.夜間覚醒     正解は次回に!!

  前回の設問の正解は、の「外側上部」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1247) [過去問解析]

1247.乳癌の自己検診法の説明で適切なのはどれか。

1.月経前に行う。

2.年に1回実施する。

3.指先を立てて乳房に触る。

4.乳房の皮膚のくぼみの有無を観察する。

                  正解(4)

[解説]月経終了後1週間から10日くらいの間が適切で1は×。やるなら毎月1回で、2も×。指先は立てずに指の腹でがよく、3も×。正解は4

[補足]乳癌の自己検診のチェックポイントは、「乳房の左右差や変形」「しこりの有無」「皮膚のへこみの有無」「ひきつったところはないか」「出血や異常分泌物の有無」などです。


 次の設問に挑戦してください。

[設問]乳癌の発生が多いのは乳輪を中心にどこか。

イ.外側上部

ロ.内側上部

ハ.外側下部

二.内側下部        正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1246) [過去問解析]

1246.ホルモン負荷試験について正しいのはどれか。

1.ホルモン分泌異常を生じている部位の推定に用いる。

2.分泌異常が疑われるホルモンを投与する。

3.前日の夕食から禁食にする。

4.入院が必要である。

                  正解(1)

[解説]ホルモン負荷試験とは、分泌異常が疑われるホルモンの分泌を刺激するホルモンを負荷するもので、禁食は当日朝で、入院の必要はなく、2,3,4は×。正解は1


 次の設問に挑戦してください。

[設問]甲状腺刺激ホルモンの下垂体での分泌が不足していないかどうかをみるために付加されるのはどれか。

イ.サイロキシン

ロ.成長ホルモン

ハ.インスリン

二.甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン     正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「A型肝炎ウイルス」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1245) [過去問解析]

1245.Aさん(42歳、女性)は、3日前から微熱と強い全身倦怠感を自覚したため病院を受診したところ、肝機能障害が認められ、急性肝炎の診断で入院した。1か月前に生の牡蠣を摂取している。Aさんはこれまで肝臓に異常を指摘されたことはなく、家族で肝臓疾患を罹患した者はいない。

 Aさんが罹患した肝炎について正しいのはどれか。

1.細菌感染である。

2.劇症化する危険性がある。

3.慢性肝炎に移行しやすい。

4.インターフェロン療法を行う。

                   正解(2)

[解説]牡蠣から感染した肝炎ということは、A型肝炎。これは慢性化はしにくく、インターフェロンを使うこともないので、1,3,4は×。まれではあるが劇症化することもあるので、正解は2

[補足]A型肝炎ウイルスは、水や牡蠣などの生の魚介類を飲食することによって感染します。潜伏期はだいたい4週間ほどです。


 次の設問に挑戦してください。

[正解]経口感染するのはどれか。

イ.A型肝炎ウイルス

ロ.B型肝炎ウイルス

ハ.C型肝炎ウイルス

二.D型肝炎ウイルス     正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「動脈血中の総ヘモグロビンのうち酸素と結合したヘモグロビンの割合いのこと」でした。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1244) [過去問解析]

1244.Aさん(60歳、男性)は、慢性心不全の終末期で、積極的な治療を行わないことを希望している。現在、入院中で、リザーバーマスク10L/分で酸素を吸入し、水分制限がある。時々息切れがみられるが、Aさんは面会に来た長女との会話を楽しみにしている。バイタルサインは呼吸数28/分、脈拍110/分、血圧76/50㎜Hg、経皮的動脈血酸素飽和度〈SpO₂〉88%であった。

 このときの対応で最も適切なのはどれか。

1.面会は制限しない。

2.水分制限を厳しくする。

3.Aさんに仰臥位を維持してもらう。

4.面会中は酸素マスクを鼻腔カニューラに変更する。

                       正解(1)

[解説]水分制限は厳しくする必要はなく2は×。仰臥位ではなく起座位がよいので3も×。酸素マスクの変更は必要なく4も×。正解は1

[補足]リザーバーマスクは高濃度酸素療法が必要な場合、適応となります。


 次の設問に挑戦してください。

[設問]SpO₂について、正しい説明はどれか。

イ.静脈血中の総ヘモグロビンのうち酸素と結合したヘモグロビンの割合いのこと。

ロ.動脈血中の総ヘモグロビンのうち酸素と結合したヘモグロビンの割合のこと。

ハ.静脈血中の総ヘモグロビンのうち酸素と結合していないヘモグロビンの割合のこと。

二.動脈血中の総ヘモグロビンのうち酸素と結合していないヘモグロビンの割合いのこと。

                     正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「手背や関節部位を選ぶ」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

過去問を考えてみよう(1243) [過去問解析]

1243.点滴静脈内注射によって抗癌薬を投与している患者の看護で適切なのはどれか。

1.悪心は薬で緩和する。

2.留置針は原則として手背に挿入する。

3.血管痛がある場合は直ちに留置針を差し替える。

4.2回目以降の投与では過敏症の症状の確認は必要ない。

                        正解(1)

[解説]留置針の挿入部位としては、手背は避けるべきで2は×。血管痛があれば、まずは薬液の漏れの有無を確認すべきで3は拙速で×。2回目以降でも過敏症の症状確認は必要で4も×。正解は1


 次の設問に挑戦してください。

[設問]抗癌薬の点滴静脈内注射の際、血管外漏出を避けるのに不適切なのはどれか。

イ.弾力のある血管を選択する。

ロ.下肢はできるだけ避ける。

ハ.手背や関節部位を選ぶ。

二.血管穿刺時は生理食塩水で血管確保を行う。   正解は次回に!!


  前回の設問の正解は、の「橈骨神経」でした。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の10件 | -